カテゴリ:セルフビルド( 9 )

さあ、家を建てようと、
その場所に大きな大きな松の樹が3本ある。
一体どのくらいの間、ここに立ってるんだろうね。

切ろうと思った。
これだけ大きな松だから
簡単に切れない。

だって
建てた後に病害虫にやられたら?
大風になって倒れて来たら?
…。

私の地元の松達はどんどん姿を消している。
不安材料が多いのだ。

昨日、誘われるようにその場所に立った。
ああ
私の好きな香り。
懐かしい、香り。
子供の頃から松の木と遊んでいたから。
そんな香りが満ちてる。

木肌がとても温かくて優しくて
涙が出て来た。

あなた達にここにいて欲しい。

どうしたらいいか、
どうしたら共存出来るか、しっかり考えてみるね。

f0182246_8511417.jpg

f0182246_8514016.jpg

[PR]
by michiwind | 2013-03-24 08:52 | セルフビルド

2012年の進み

さてさて、開墾の方ですが…。

2012年もゆっくりとですが進んでいきました。
(過去ログ)

山のような竹はスッキリ。
切った杉達は少しずつ皮も剥いています。
f0182246_1123183.jpg

f0182246_11243917.jpg


すべて男達の仕事です。
なので、私は手を出さず…(笑)

竹を切る時から定期的に訪れては皮剥きまで手伝ってくれているKさん。
f0182246_11272989.jpg


ほんとに感謝してます〜〜^^
嬉しいのは
あの環境で、
汗流す作業を楽しんでくれてるってこと。


f0182246_11294924.jpg

一個づつ、ちょっとづつ。
その一つ一つを大事に楽しみながらね!
[PR]
by michiwind | 2013-01-15 11:31 | セルフビルド

さ、すすめてくよ〜。

さてさて、セルフビルドですが
雪が積もったらお休みで〜、とのんびり進んでおります。(笑)

とにかくも、千は軽く越える「終わるのか?」と思われた竹も
強力な助っ人Kさんも登場し
切っちゃ燃やし、切っちゃ燃やし〜。で
無事なくなりました〜。
最初の写真見てあらためてビックリ@@
f0182246_15242180.jpg

f0182246_15245196.jpg

f0182246_1525765.jpg

f0182246_15253099.jpg


フフフ、同じ場所とは思えない〜!

お次は杉です。
こちらは材にします。
本当は秋から冬にかけて切るのがいいのらしいけど
春分までは、まあ、いいそうで
乾燥をしたいのでなんとかそれまでに切り終わりたい所。
でも、皮もむかんといけんし、はてさて、どうする?
とにかく切る、か
次の秋まで待つか。

切らなくてもやる事は沢山あります。
でも、少しでも長く乾かしたいし、
何より目に見えて先に進みたいっていう気持ちの問題も…(笑)

f0182246_15295775.jpg

f0182246_15303293.jpg

f0182246_1531538.jpg

こちらは旦那さんのお仕事
樵の古い斧を譲り受けて
一本一本、
斧を立てかけ手を合わせて切り倒します。

ま、ま、やれる所までは頑張りましょ^^

この過程のいっこいっこ、こそが
ホンマに楽しいのだなって
実感している今日この頃です^^

大切に使わせてもらいます。
ありがとうございます。
[PR]
by michiwind | 2012-02-25 15:23 | セルフビルド

開墾

f0182246_2283838.jpg

f0182246_2291570.jpg

こちらの山は倉ちゃんが果樹園にします。
地元の業者さんにはいってもらいました。

f0182246_2294729.jpg

うっそうとしていた場所に光が入り、とても清々しい。

f0182246_2211832.jpg
f0182246_22104035.jpg

さ、竹の整理と平行して、今度はこの樹達の皮むきだ〜。

こちらも気の遠くなるような作業だけど
この土地に生きていた
この樹達を使わせてもらう。
この上ない理想だ。

こういう生活を夢見たときから
そう、願っていたように思う。

この土地のものを出来る限り使い
この土地の人たちと繋がり
最後は土に還っていく、家…、生き方。

まー、いつできあがるか!は…(笑)
[PR]
by michiwind | 2012-01-21 22:18 | セルフビルド

で、結局燃やす事に

あまりに大量なので火柱が上がるかも、と躊躇していましたが
飛渡みたいに組んではないので
そんなには広がらないだろう、と燃やす事に。

すると、やはり広がらない。
それどころか、ちゃんと寄せてやらないと燃えない。
f0182246_12422226.jpg


さあ、大変(笑)
あちらこちらに摘んだ竹の山から一本づつ移動。
重なり合い、枝が絡み合っているので引き抜きにくい。
順番を良く見て、ひとつづつ、ひとつづつ。

そんな作業バカリしていた旦那は肋骨痛。骨折?(苦笑)

な〜の〜で、力仕事は私に任せて!
とはりきってみる。(笑)

燃やすのは次男君、ここぞとばかりに張り切ってくれました。
全身真っ黒。
でも、煙のいい香り^^
f0182246_1243124.jpg

f0182246_12434541.jpg

火の中心へどんどん押し込んでやらないと燃えません。
f0182246_1245250.jpg

う〜ん。火っていいですね〜^^
f0182246_1245423.jpg

やけどしたり、
火の中に尻餅付いたり?!
いろいろあったみたいだけど…
f0182246_12465374.jpg

頼もしいぞ、心(笑)

で、ご褒美は
f0182246_12495713.jpg

この火で焼いた焼き芋〜^^

いつもはラフな短パンの彼も、この2日は綿ジャケットにジーンズ。
こういうの大切ですね^^


さ、これが全部無くなるのはいつの事か…(笑)
[PR]
by michiwind | 2011-12-14 12:41 | セルフビルド

とにかく、竹、竹、竹。

タイトル通りです。
一体、何本、いえ何百本切った事でしょう。

切ったあと運ぶのも、重い。
なのでなん箇所かにわけて切った竹を重ねて行く。

が、どうも見た目がすっきりしない。
ので、最初に集めた場所に移動する。
f0182246_2229499.jpg


おお!
切って数日たった竹は、軽い。
水分が随分飛んでいる。
当たり前なのかもしれないけど、気づかなかった。(笑)

さて、この竹、どうする?
f0182246_22301352.jpg


燃やすにはあまりに多い。
きっとスゴイ火になっちゃうよね。

まっすぐなものは、枝を落として使おう。

あ、欲しいって方が切りに来られました。
門松を作るそうです^^
f0182246_22322246.jpg


竹炭を作ろう。
にしても量は限られるよね。


さあ、どうしましょ。(笑)
[PR]
by michiwind | 2011-12-13 22:26 | セルフビルド

繋がる全ての存在へ

第2のお台です。(笑)

家を建てるにあたっての基礎をどうするか?
そもそも斜めになった山林である。
うむむ。

建築家の義兄に話すと「絶対ベタ基礎」。
湿気も虫もあがらんし、基礎がぜったいしっかりしとかんといけん。
専門家の意見である。

たしかに。
でも、なにかかひっかかる。
大地を塞ぐの?

私はファンデーションも、マニキュアも苦手。
肌が、爪が、呼吸できない気がして、苦しくなる。

そんな私が、大地を塞ぐの?

でも、住まう家の基礎だからしっかりしてないと…。
家を建てる事自体、基礎が何であろうとその土地は塞ぐんだし…。

で、発注すると100万位するって??
そりゃ〜無理、無理。(苦笑)

そんなこんな、あ〜だ、こ〜だと話していたら
助っ人がやってきました。

基礎も、井戸の事も、電気の事も、色んな事含めて
「なんでも自分でやってみんさい〜。」

そんな言葉に続き
「コンクリートミキサーも地面叩く器械(なんて名前でしたっけ?)もあるよ。」

さらに、基礎等を作るお仕事の方とたまたまお話できて(びっくり!)
「おしえてあげるよ〜。じぶんでやりんさい」

さらにその土地も見てもらえて
「ああ、ここは湿気も少ないけん、べたでなくてもいいんじゃない?
 (基礎の所に)出入り口を作っておけば竹の子も切れるし…」

色々アドバイス頂き
そこから自分たちなりのビジョンもむくむく湧いてきて。
ほんまにベストタイミングの、有り難いお言葉!
感謝感謝です。

そう…、感じていたのだけど
今やろうとしていることには
いろいろな場面でのサポート、沢山の助っ人が入ってくれます。
そう最初から。
あんたら本気?って試されるようなこともあったけどね。^^

それをどう生かせるかは、自分たち次第。
動くのか、動かないのかも、自分たち次第。

ただただ、感謝して、私たちに繋がる全ての存在に感謝して、
前に進んで、生きます^^
ありがとうございます〜〜!

f0182246_12494472.jpg

[PR]
by michiwind | 2011-11-17 12:50 | セルフビルド

開墾 ?!

まずは、開墾から(笑)
当分の間放置されていた土地です。
とにかく竹が…。ツタが…。
で、その当の山林まで行く場所もすごい事になってるので
まずはそちらから。

切っても切っても、先は長そう(苦笑)
f0182246_1153345.jpg

f0182246_11544772.jpg
f0182246_11553995.jpg

うはぁ〜。
が、がんばるじょ。
[PR]
by michiwind | 2011-10-24 11:56 | セルフビルド

セルフビルドへの道?!

セルフビルド。
はてさて、どうなることやら?

5年前、ここ、湯来に引っ越したのも
実は「自分たちの手で家を建てよう!」と意気込んで来た。

でも、新しい生活の中、自分たちの生活を定着させる事で精一杯。

思っていた土地も、農地転用が必要だったり、ライフラインのことだったり、と
ふたを開けてみると壁の多い事。

私たちの仕事そのものが時間のかかることなのに
その上、家を建てるなんて…

今住んでいる所は他の子供もたちもいて、住み心地もいいし…
(湯来は子供が少ないのです。しかも離れてる。)

そんなこんな、なんでセルフビルドだったかも忘れてって。

でも、見えない根っこだけは貼り続けていたみたい。^^

5年。
面白いの。いつも、色んな事が変化する時期。

もともと、ここにしよって考えてた農地の、その奥の山林。
思いもしなかった場所。

今まで何かを始めよう、とか
どっちにしようか迷った時
「ワクワクする!」方向を選んできた。
そうすると、いい流れになっていく。
そして
「ケチがつく」時はあっさりやめて来た。
それは違う方向だよって、教えてもらってるんだ、って。

ここに引っ越したときも、ワクワクと明らかな流れがあった。

今までに何件か古家等もみせてもらったけど
流れが全く起こらなかった。

よっしゃ!
ここでやらねば、いつやるんだ〜^^
f0182246_9405432.jpg

[PR]
by michiwind | 2011-10-22 09:37 | セルフビルド

革個者NATURAL MIND * 広島の湯来に暮らす。 


by michiwind