<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

漢方という選択

漢方、飲み始めて2週間過ぎました。
なかなか…ですね。
でも、それが自然な事のようにも感じます。
だって、13歳の彼が5歳のときから持って来たことが
飲んで一瞬にして治るって方が不自然。

で、先日2回目の受診にいってきました。
薬が倍に増えました。

↑のように思ってはいても、
むむむ。。。
どうなっていくのかな。

ふとね、根本的な疑問がわいてきました。

「いつまで飲み続けるのか?」
「症状が出なくなって、やめた時というのは体質が変わったのか?
 それともまたでてくるものなのか…?」

正直に先生にメールしました。
すると、とても分かり易く返信がありました。

『「体質」という言葉は、便利ですが、本当の意味するところは曖昧です。
 病気を根っこから治すという意味で「本治」という言葉があり、その
 反対の言葉として、鼻水などの症状をとりあえず改善するなどの治療
 として「標治」という言葉があります。体質改善は、どちらかといえば
 「本治」ということになります。明確な区分は難しいですが、「本治」
 狙いの漢方薬は、時間がかかると考えるべきでしょう。』

『体質というより漢方的には「証」が変遷していくと考えるべきだと
 思います。注目していた症状は確かに改善したが、次の症状が
 前面に出てくることがあります。「証」というのは、一種の分類です。
 患者さんの現す自覚・他覚症状を漢方的な物差しで分類していく
 カテゴリーです。
 日本漢方の根底の考え方として、「方証相対」という考え方があります。
 これは、「証」がきまれば漢方薬が決まるという考え方です。』

『アトピーの原因は、定かとはなっておりませんが、
 環境因子と個体因子の相互作用と考えるべきでしょう。
 個体因子が充分改善されれば、そこで治癒にもちこめますが、
 そこまで至らないので難治となっていると考えます。』


とにかくも、時間はかかるし、
彼の症状は複合的な要因から起きている。
従って、漢方だけでの治療は難しい、ということ。だ。

納得。
これまでも、これからもやってく
私なりの食事療法や、気持ちのコントロール、睡眠時間。
そういったものも大事になってく。

やるしかないね。

今回のこの体験のおかげで
きっと空は「痛み」の分かる人になって行くだろうし。
私も、
こうやって必要としている人に伝えられたら、いいな、と思う。

ちなみに今回の処方
彼は皮膚症状と加えて泌尿系の不具合が感じられるらしく
まずはそちらの対処と
カユミを押さえる為に体の(炎症)の熱をとって行くと行く事で
竜胆瀉肝湯
黄連解毒湯
桔梗石膏

これにプラスして
とにかくカユミをおさえて生活水準を上げる目的で
アレグラ

外用に
モクタール(これがなかなか相性がいい)
ヒルロイド
レスタミンコーワクリーム

これらを使ってみてみてどうか。
てな現在。

病院は西広島駅前
東洋堂クリニック


f0182246_2155030.jpg

この澄んだ川の流れのように
体の流れも心地よくさらさらとキラキラとなりますように。
[PR]
by michiwind | 2012-04-21 21:06 | 自然療法

その後の長男の様子。

長男の今。
薬は使わないと心にきめたものの、
信じる!なんていったものの、
その実は
揺れる。揺れる…。
色んな思いがグルグル…。(苦笑)

私だって、親知らずが痛んだ時、痛み止めに助けられた。
腹膜炎の時には沢山の抗生物質に助けられた。

もしも、もしも、
カユミだけでも押さえられたら、
きっと全然ちがう。
かかなくなる分、キズもなくなる…。
表情も明るくなるはず。

何故、薬を使わないときめたんだっけ…。
だけど、だけど…。

色んな思いがグルグル…。

そんな時に、
アトピーのいろいろな体験をされた方の話を聞かせてもらった。

その方は小さいときからステロイドをつかい
そして、脱ステ、自然療法、食事療法、
そして緊急で病院に駆け込む程に悪化。
今は自分也の量で上手に薬とつきあっているとの事。
薬を使う事で、生活が向上したと。

また同じタイミングで
旦那さんの知り合いのドクターから連絡をもらった。
もう10年以上年賀状だけのおつきあいだったのに
何とも不思議なきっかけでお会いすることになった。

当時眼科をされていたその先生は東洋堂クリニックを開業されていた。
その名の通り、東洋医学、漢方。

これはご縁かな…
なにか、
行ってみんさいっ。てことだなと
クリニックを訪れた。

問診、脈診、触診、舌診…
普通の病院とは違う〜。

丁寧に見てくださり
下腹部が上手く働けてないのと
上部に熱が上がっていると診てくださった。

それを調整する為の、体質改善の漢方。
長く続けないといけないのだけど。

そうだった。
何故薬はいやだとおもったのか。
出るものを、押さえるだけのものだから。
出すべきものも、押さえちゃうから。

でも場合によっては必要なんだよね。
今回のは、体質の改善だけれども
場合によっては新薬も処方するからね、と、先生。

キズがひどければ抗生物質も必要かもしれないし
カユミが治まらなければ、こればかりは押さえたいし。

かたくなに拒むのではなく、
上手につかってみることにした。

ただ、かなり苦いらしく
こちらで現在苦戦中(笑)

こればかりはいわせてもらうよ/
空、頑張れ!!(笑)

さ、どうなるかな^^
f0182246_14245440.jpg

[PR]
by michiwind | 2012-04-06 14:24 | 自然療法

革個者NATURAL MIND * 広島の湯来に暮らす。 


by michiwind