<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アシリ・レラさん

なんだかスッキリとした気持ちで夕刻を迎えた。楽しみにしていたユーカラ。
とはいえ、私はレラさんのことも知らなかったし、ユーカラってなんだろう?
そんな始まりだった。
f0182246_22015738.jpg

holoholoの心地よい空間で、灯りを落としてタミちゃんの歌からはじまった。
そしてレラさんの声。

囲炉裏を囲んで祖母の話を聞く昔話ばなしのような…。
伝わる言葉。つらく悲しい歴史。中傷。強い心。人の繋がり…
知ってるはずなのに日常に埋もれている大切なこと。
歴史は学校で習う勝者からのものだけではないということ。
語りは問いかける。私はどう生きるの?

そうだね。目の前の日々を丁寧に大切に心を込めて生きることだけだね。

あー、もっと聞きたい!(笑)
こんな時間が日常だといいのにね。
本当の豊かな暮らし、めざしてこ。

心から感謝です。
ありがとう!

[PR]
by michiwind | 2017-04-29 21:41 | 風のコトバ

アイヌとは

先日アシリ・レラさんのユーカラ(口承伝の語り)とアイヌ刺繍のワークショップに参加して来ました。

宇梶さんのワークに参加してから自分でも刺して来たのだけどね、やればやるほどアイヌ刺繍っていってもいいの?
そんな迷いが膨らんできて。
そんなタイミングでの今回で。
しかも刺繍ワークだけでなく、ユーカラも。
もっと感じるとことができるだろうか。
もっと、深く見ることができるだろうか。
f0182246_21320737.jpg

アイヌとは、人という意味。縄文と呼ばれる時代のひと。日本人はみなそのDNAを持ってるんだって。

そっか、私も、誰しもがアイヌなんだ。

大切なのは心を込めるということ。
下書きのガイドラインの一本から
きれいに早くではなく、心を込めて私のスピードで。
その人を思い、ひとはりひとはり。
だってこれはお守りだもの。

一般的な意味を持つ文様はあるけれども文様は、その家ごとに違う。その家ごとに、母から子へ受け継がれるもの。そしてそれをそれぞれのバランスで色で刺していく。

私は私の文様を、心を込めていけばいいんだね。
よかった。間違ってなかった。
よかった。少し根を伸ばせた気がする。
f0182246_21320832.jpg

結局ワークのあいだには針を持つ集中力がなくて、ずっと図案を描き写してた(笑)




[PR]
by michiwind | 2017-04-25 18:47 | 作品

インディアンビーズ

f0182246_21563194.jpg

シルバーを彫るときも
革でつくるときも
刺繍をするときも
これを持つ人が
嬉しくて、なんか元気になれるものに
なればいいなと
お守りになればいいなと。
それが私の欲で、願いだなー。




[PR]
by michiwind | 2017-04-20 21:48 | 作品

革個者NATURAL MIND * 広島の湯来に暮らす。 


by michiwind