その後の長男の様子。

長男の今。
薬は使わないと心にきめたものの、
信じる!なんていったものの、
その実は
揺れる。揺れる…。
色んな思いがグルグル…。(苦笑)

私だって、親知らずが痛んだ時、痛み止めに助けられた。
腹膜炎の時には沢山の抗生物質に助けられた。

もしも、もしも、
カユミだけでも押さえられたら、
きっと全然ちがう。
かかなくなる分、キズもなくなる…。
表情も明るくなるはず。

何故、薬を使わないときめたんだっけ…。
だけど、だけど…。

色んな思いがグルグル…。

そんな時に、
アトピーのいろいろな体験をされた方の話を聞かせてもらった。

その方は小さいときからステロイドをつかい
そして、脱ステ、自然療法、食事療法、
そして緊急で病院に駆け込む程に悪化。
今は自分也の量で上手に薬とつきあっているとの事。
薬を使う事で、生活が向上したと。

また同じタイミングで
旦那さんの知り合いのドクターから連絡をもらった。
もう10年以上年賀状だけのおつきあいだったのに
何とも不思議なきっかけでお会いすることになった。

当時眼科をされていたその先生は東洋堂クリニックを開業されていた。
その名の通り、東洋医学、漢方。

これはご縁かな…
なにか、
行ってみんさいっ。てことだなと
クリニックを訪れた。

問診、脈診、触診、舌診…
普通の病院とは違う〜。

丁寧に見てくださり
下腹部が上手く働けてないのと
上部に熱が上がっていると診てくださった。

それを調整する為の、体質改善の漢方。
長く続けないといけないのだけど。

そうだった。
何故薬はいやだとおもったのか。
出るものを、押さえるだけのものだから。
出すべきものも、押さえちゃうから。

でも場合によっては必要なんだよね。
今回のは、体質の改善だけれども
場合によっては新薬も処方するからね、と、先生。

キズがひどければ抗生物質も必要かもしれないし
カユミが治まらなければ、こればかりは押さえたいし。

かたくなに拒むのではなく、
上手につかってみることにした。

ただ、かなり苦いらしく
こちらで現在苦戦中(笑)

こればかりはいわせてもらうよ/
空、頑張れ!!(笑)

さ、どうなるかな^^
f0182246_14245440.jpg

[PR]
by michiwind | 2012-04-06 14:24 | 自然療法

広島の里山に暮らしています。2018年からのセルフリノベーションを記録していこう。普段の暮らしと作品の製作のことも。革個者NATURAL MIND * mosslaghter


by mosslaghter